ラジェスは今。

ラジェスは今、40歳を超えているだろう。

ラジェスはインド人。
インドのカジュラーホーという街にいた。

ラジェスはネパールの大学に通っていて、5カ国後くらい話せると言っていた。
ボクと軽い日本語でも話していた。

ボクが19歳の時の、インド一人旅の時の話。

カジュラーホーの街についたボクを、ラジェスはあやしいツアーコンダクターのようにつきまとい、ラクダにも乗せてくれた。
ボクと同世代だ。
あやしいと思いつつ、その日はあやしくなかった。

明日、自分の家に遊びに来い、と言う。

カジュラーホー 出典 スカイチケット

翌日、ラジェスの家に行った。

騙されているのかもしれない、と思いながら。
金だけは離さない、と思いながら。

どうやら、当時のインドの平均的な家庭だった。
ようするに、たぶん貧乏だった。
が、
カレーを御馳走してくれた。
観光的カレーではなく、家庭のカレーだ。
日本の若造に、おいしく食せるようなカレーではなかった。ホンモノのインドのカレーだった。
コメが、めっぽうマズかった。
でも、ラジェスはいいヤツだった。
カレーを残すわけにはいかない。
でも、ボクは残してしまった。
それが、ボクの人生で唯一、食べきれなかったカレーである。

ラジェスの家にはおじーちゃんが、いた。
当然、インドのおじーちゃんである。
動きがとてもスローだったのを覚えている。
おじーちゃんは、世界中、みんな同じだ。

おじーちゃんを見た時に、ラジェスは本当にいいヤツだ、と思った。
騙されてなんか、いない、と思った。

実際、ラジェスは、本当にいいヤツだった。

騙すどころか、金のないボクに、少しのインドルピーを貸してくれたのだ。
貧乏なのに(予想)。

だから今でもカレーを残したことが、引っかかっている。
かなりの心残りである。
あの時、どうして腹一杯食べれなかったんだろう。

とにかく、ラジェスは、ボクと同世代なので、現在は40代なのである。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です