秋の海。自転車熱が。

実は海の日の前日、ピーナッツ号(自転車)が撤去されました。

という話を、一緒に海にいってたいのっちに話していました。

京都の御池通りは、一瞬にして撤去されます。

街の美観、治安のため、自転車撤去はいいことです。
ボクがうどんを食べるために、少しくらいいいだろう、と軽んじているのがダメでした。

世界有数の観光地の京都の自転車撤去の作業員さんは、まじめなのだ☆

「チェーンやギヤなどの、いろんな部品をチューンナップしていったら、自転車の愛着が非常にあがります。ぜひ。」

と、いのっちはアドバイスしてくれました。

これは、撤去自転車置き場まで取りに行くのがめんどくさかったし、ずいぶん古くていろんな部品にガタがきていたので、これを機に、新しい自転車でもゲットしようかしら、とボクがポロリと言った一言に対してのアドバイス。

新しく購入することで満足はするが、そのあと、満足感がまったく続かない。
これは中途半端な金持ちによ~くありがちなことらしいのだ。
一方、修理しながら愛情を注いでいくと、ずっと満足できるのだそうだ☆

一緒にヨーロッパを旅したピーナッツ号を、取り戻すために、撤去場所まで取りに行きました。

ダメになりそうな部品は、交換しながらチューンアップしていこうと思いました☆

そう、いのっちも何度も自転車の盗難にあったり、撤去されたりしているのだ。

というか、盗難にあったり、撤去されたり、されまくっているのだ。

ボクもいのっちも、もっと自転車を大切にしなければ☆

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
 【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です