商売って聞くと

商売気質について。

大人になってから
「商売人」
と聞くと、あまり良い印象がない。

はたして本当にそうなのだろうか、と思った次第。

「好きで」「良いと思っていて」

お店でオススメしていただく時に、素直に話を聞けたり、その商品の良さが伝わってきたら、この店員さんは、本当に「好きで」、「良いと思っている」のだなぁ。と思う。

だがしかし、それは商売につながっている。

商売につながっていることが、悪いことだとは思わない。

商売にしているということは、それを、「良い」と思っているのだ。
「良い」と思ってないと、アヤシイ進め方になってしまう。

「良い」を商売にしていなんて、とてもツライだろうな〜。
自信を持って、オススメしてくれる商売人の話は、す〜っと聞いていられる。

ボクはダイビングを「好きで」「良い」と思っていて、商売にしている。
そう。商売にしているのだ☆

「好きで」「良い」と思っていることを、アヤシイって思われたら、悲しいな…

たぶん、何百回も思われているんだろうな☆

でも、くじけない♪

売り上げが良い、評判が良い、お客さんが多いのは、商売がウマイ、つまり喜ばれているのだ。

世界の商売人は、スゴいな〜。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です