社会現象とまでいかなくても

圧倒的な人気があって、国民的な支持を得るような物や文化って、数年に一度くらいある。

最近だと、ポケモンGO、あつもりとか、鬼滅の刃。

残念ながら、ボクはこれら三つのことをまったく知らない。
興味がない。

でも、好きなのだった。

国レベルでたくさんの人の支持を得る、時代をつくる、という物や文化がとても好きである。

ダイビングもかつて社会現象的になったことがあった。

「的」に、である。

『彼女が水着に着替えたら』
という映画が流行った時、やっぱりダイビングがやたらめったら流行ったという。
バブル時代でもあったから、なおさらである。

出典 アマゾン

社会現象になるには何が必要なのだろう、と考える。

やっぱりニワカの存在なんだな。
マニアックでコアなファンだけでは、社会現象になど、決してならない。
このことは、確か以前にも触れたな。

社会現象になったり、たくさんの人の支持を得る、という文化があるだけで、明るく元気になれそうな気がする。

たとえそれが一時的なことであったとしても、「一致団結」みたいな感じでとても好きなのだ☆

して、現在は、アウトドアブームである。

空前のキャンプブームである。

以前は山ガールがいた。
今は釣りガールだそうだ。

ダイビングだって、十数年前のように爆発的に人気がでてもよさそうなんだけれど。

いや、爆発的に人気のでないところが、ダイビングのいいところなのかもしれない。

ポケモンGOとあつもりはたぶんやらない。

鬼滅の刃は、ひょっとしたら観るかもしれない。

ダイビングのニワカファンは、多いはずである。
もぐってみたい、と思っている人は、多いはずである。

そう考えたらダイビングって、マニアックだな〜。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です