倉庫の中の器材

倉庫の中を整理していたら、ゴロゴロいろんなものがでてきた。

完全に20年前のものがあった。

20年もの間、あり続けるのはなんかすごいな、と思った。

一番かさばっているのは、ハンガーだ。

こんなにたくさんのハンガー、ちょっとむかつく。
ハンガーには悪いけれど。

WET・DRYスーツ用のハンガー、器材用のハンガーである。

カバンに入っているので、異様にかさばっているのであった。

BCジャケットもいくつかでてきた。

ドライスーツもいくつかでてきた。

お客さまのレンタルとしてつかったこともある。

今はコロナの騒ぎがあるので、レンタルの器材は現地で借りている。
だからここにある。

どれくらいかかるかはしらないけれど、また活躍する時がくるまで、もうしばらく待ってもらおう。

ダイビングの器材は古臭いものはあっても、もう役に立たないものって案外少ない。

だいたい使えるのだ。

少しづつ進化はしても、大きく変わることはない。

つまり高価なダイビングの器材を購入しても、ちゃんとしていれば、何十年と使うことはできる、ということで今日はしめとこう☆

ね、ぜひ購入してください♪

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です