共感する人は、いるか

たまたま聞いていたラジオで、
「鼻血へのあこがれ」
について、そのDJは語っていた。

ボクは共感して、誰もいない車内で、少し笑った。

鼻血にあこがれる?
意味がわからん、と思われてもしかたがない。

確かに変なあこがれだが、これはわかる人にはわかるのだ。

鼻血を出したことがない人が、鼻血がでることにたいして、あこがれを抱くのだ☆

こどものころ、まわりの友達は、よく鼻血を出していた。

「よく」かどうかは怪しいところだが、
ティッシュでおさえたり、首筋のうしろをトントントンってチョップしたりを見るたびに、何でオレは鼻血が出ないのだ?と寂しく感じたものだ。

どうなったら出るのか、出ている時はどんな感じがするのか、友達は心配してくれるのか、などなど、好奇心は絶えない。

チョコやピーナッツを食べすぎたり、のぼせたり、エロいことを考えたりしたら、鼻血が出る、と言われている。現に、亀仙人はよく鼻血を出していた。
大人になり上記のことはずいぶん経験したが、今だに鼻血は出てこない。

どうなってるんだ。

ラジオでこの話を聞いて、そうなんだよな〜と、こどもの頃を思い出していた。

ボクサーになるか、ヤンキーにからまれて殴られるかしないかぎりは、鼻血へのあこがれはなくなりそうにない。

そんなもの、出てくる気配すらないのだ。

ま、今となっては、出なくてもいいんだけれど。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です