クモの巣

美しくカッコいいクモをみつけた。

いや、実際に美しいのはクモではなく、巣の方だ。

ハングリーなスパイダーは、この美しい巣に獲物がからみつくのを待っている。

たぶん待っている。

そうじゃなきゃクモがクモの巣をせっせとこしらえる意味がない。

昨日同じ場所にこのクモの巣はなかったので、夜から朝にかけて張ったのだろう。

クモがクモの巣を張ってゆく、のは、どのような気持ちなのだろう。

「オレって天才♪」って思っていたり、「獲物がかからなかったら、その時に考える」ってポジティブに考えたりしてるんだろか。

そしてこの美しくカッコいいクモの巣は、ボクによって、破壊される。

落ちていた木の枝で、夏の夜店の綿菓子のようにクルクルと巣を巻きつけ、無残にも、しげみの中に放り投げられる。

クモよ、すまないとは思うが、その場所は、いろんな人が通るドアというものがあるのだ。
ドアのすぐ横という場所は、巣を張るにはあまりにも不向きな場所なのだ。

それにしても、美しくカッコいいクモの巣でした。

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程

【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です