ハリセンボンがふくらまない

ハリセンボンは、危険を感じると、カラダをふくらませて、敵を威嚇します。

このように。

海水をたくさん飲んで、パンパンにふくらみます。

しかしこの行動は、大量の海水を飲むため、かなりカラダに負担がかかるそうです。
体重の2~4倍の海水を胃の中に流し込むのですから、そりゃあそうでしょう。
ハリセンボンにとってふくらむのは、胃がやぶれるかもしれないリスクがあるのです。

だからマナーの良いダイバーさんは、ハリセンボンをつかまえてふくらますのは、やめましょう☆

でも、お客さまに見てほしくてついつい、やっちゃいます…

ですが、たまにふくらまない時があります。

つかまえても、いっこうにふくらまない。

もうふくらむ元気がないのか、ボクのことを仲間だと思って、命の危険を感じていないのか、わかりませんが、ふくらまない。

お客さまは、キョトンとしている。

.

ハリセンボンにふくらんでもらうのは、やっぱり多少の罪悪感があります。
でも、ふくらまないままのハリセンボンを、そっと手から離すのも、とてもさみしい。

また出会えるかな~☆

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です