8年とは、すごい時間。

2019年3月11日

東日本大震災から8年。

8年前のこの日、ボクは何をしていたかを、とてもハッキリと覚えています。

大阪でジャック・ジョンソンのライブにいってました。

LIVE前に地震があって、少しゆれました。

LIVE後には、ニュースで津波の被害をみました。

.

先日TVで津波関連のドキュメンタリー番組を見ていて、ついつい見入ってしまいました。

8年前、12歳の小学生が、現在は20歳の成人。

当時の小学生たちは、それぞれの想いを胸に、オトナになり、社会人、あるいは学生になっています。

そのなかでふたりの若者が気になりました。
一人は仕事で東京へ。もう一人は、地元で潜水士。

東京へいく若者は、地元を離れることで、少し引け目を感じている。でも大都会でひとりで頑張ろうとしている。
潜水士の若者は、まだ被害のある海の中の作業をして、地元に貢献していこうとしている。

それぞれが、それぞれの想いをもって今を生きている。

.

考えかた、感じかた、生きかたは、本当にそれぞれなんだな、と思いました。
で、やっぱり、それぞれの人たちが、どのように考え、何を感じ、どう生きていくかを決めること自体に、ボクはとても興味があります。

地震も津波もすごいことだったけれど、8年とは、8年という時間は、もはやひとつの時代みたいで、すごい時間の流れだ、と思いました☆

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です