ライセンスについて

ライセンスとはWhat’s license?

ダイビングライセンス Cカード (C-card) とは、ダイビング指導団体が技能講習を終了した人に対して発行する技能認定カードをさします。

basc_cards_ocean_diver
適切な知識・技量を持たずにダイビングを行った場合、致死傷事故が発生する可能性が非常に高いことが容易に推定できることから、リスクを回避するため、レジャーダイバーにサービスを提供する側は、そのほとんどがCカードの提示を求めており、Cカードを持たずにダイビングを行うことは事実上困難です。
また海外ではCカードを持っていない人のダイビングを法的に禁止していたり(オーストラリア)、ダイビング器材の販売やレンタルを禁止している(欧州)例もあります。

bsac_logo_blue_1200x400
では、なぜ??多数ある指導団体の中で、「鯨庵」は国際ライセンスBSACを選びお客様に提供しているのか??それは簡単です。「遊びであるからこそ安全を最優先しないと楽しくないから」です。
世界最古の指導団体で、ウイリアム王子を名誉会長にし、「安全に楽しく継続」という理念が鯨庵の理念と同じだったからなんです。

すべてにわたって優先する安全性about safety

設立当初から常に一貫してBSACが掲げている,「水中での探検、科学、スポーツなどの活動と、それらの安全性を促進する」という基本理念。
この理念を遵守し、「Safety First=安全はすべてにわたって優先する」というポリシーは、BSACのすべての活動の根幹をなすものです。

neptune_l
BSACが提供する技術も知識も器材も、すべてこの「安全最優先」というポリシーのもとに構築されています。ダイビングで当然抱えているリスクを、いかにダイバーの自己責任において回避し、安全に、計画的に、実行していくかということをダイバーと共有し、より豊かなダイビングの世界を創造していきます。

日本にあった独自プログラム開発Original Program for Japanese

BSACは、ダイバー個々のレベルに応じてさまざまなトレーニングプログラムを提供しています。安全を最優先した独自のプログラムに従い、必要な経験を積んで、安全に手順を踏めば、海は素晴らしい感動を与えてくれます。そのためにダイバーは、それぞれの技術と経験の拡大と同時に、知識もひとつひとつ増やしてしていかなければいけません。

logo-royalmark-xl
陸上と水中環境の変化などに対処する際の必要な知識や経験を得るための初期トレーニングから、より高度なテクニックの修得に至るまで、私たちの住む日本にあったプログラムを作成しました。それは、海外で作成されたプログラムとは違い、日本にあった環境でのダイビング指導を行う事により、さらにダイバーの安全と技術向上をサポートします。「人間が海に入るには潜在的にリスクがある。」 その前提をしっかりと念頭に置き、スクーバダイビングの限界を教え、その範囲内でレクリエーショナルダイビングが楽しめるダイバーの成長をバックアップしています。

10346542_658876827531628_199220708008846953_n

ダイバーのための地球のための環境保護Protection of Environment

スクーバダイビングを楽しむために、そしてなにより、いつまでも美しい海を楽しむために、海の環境保護への取り組みもBSACは重要な使命のひとつです。
スクーバダイビングの技術を磨き、素晴らしさを伝えていく事と同時に、ダイバーの環境保全の意識をいかに高めていくかが大切であると考えます。つまり、楽しむことと同時に、水中環境の大切さをしっかりと啓発していく。ダイバーの経験不足、知識不足の不注意による水中での多くの無意味な破壊を回避し、海に生息する貴重な生命を傷つけることなく将来にわたって守っていく。
生物の保護・観察や清掃などの水中環境保護を,ダイバートレーニングの重要な1部分と位置づけ、積極的に活動を続けていきます。