深みがある

1985年のワインを飲む機会がありまして。

いつもの500円のワインとは違うな、と思いました。

古ければ良い、というのではないとは思いますが、へぇ…とはなるものです。

◆◆◆

おいしいのか、そうでないのかとか、
好きなのかそうでないのかはよくわかっていません。

歴史は感じました。
あと品種的に上品であるらしい。

ただ、いつもの500円のワインと何が違うかといえば、味わい深いな、というところでしょうか。

そう。
深みがあるというか、なんというか。

唐突ですが、
高校生の時に何かの授業で、緑色みたいな色を
「深みがある」
と先生に発表している生徒がいた。
高校生のボクは、それがじわじわオモシロかった。
確かに緑って、深みがあるもんな。
今になってそれを突然思い出した。
変なの。深みがあるぜ。

◆◆◆

え〜っと、今が2021年やから、1985年は、36年前。

36年間、この瓶の中で空気に触れずにじっと静かにしていたわけだから、そりゃあ味わい深くなる。

たぶん、ボクがこのワインを味わい深いと評したのは、それしか言うことができなかったからではないでしょか。

濃い薄い、渋いすっぱい、甘いフルーティ、すっきり重たい、土っぽい、飲みやすい、どれもしっくりこないのだからしょうがない。

「深みがある」

なかなか発言しない人がやっと口にした言葉があるとしたら、やっぱりそれは深みがあるはずですから。

知らんけど。

◆◆◆

深みがあるのは、褒め言葉です。

深みがある人は、やっぱり魅力的です。

深みがある、と評されたいものです☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です