魚の体内時計

体内時計というものを、もっと信用したほうがいい。

だってちょっと薄暗くなったら、魚なんていつのまにかいなくなっているのだから。

◆◆◆

魚はどうやって時間の経過を感じているんだろう。

  • 暗さ
  • 水温
  • 空腹

ちなみに人間は、
「時計を見る」
です☆

◆◆◆

だいたい6時間ごとに海の潮の流れは変わるわけだけれど、たぶんそれは体内時計とは関係ないんじゃないだろうか。
朝でも夜でも関係なしに、潮は流れているので。

とすると、やっぱり明るさと暗さだろう。

暗くなったから寝よう。
明るくなったから起きよう。

魚もきっと人間と同じなんだろう。

ナイトダイビングでは、気持ちいいくらいに、魚が消える。
本当にいなくなるんだからオモシロい。

「暗くなったら,寝るんです」
と『北の国から』の父さんは言っていた。

魚も一緒だ。

暗くなったら、寝るんです。

◆◆◆

サザエさんのエンディングテーマが流れると、明日からの仕事の切なさを感じる。
これは、日本のお父さんサラリーマンの常識である。

人間は、魚よりもちょっとだけ複雑な体内時計なのかもしれない。

『Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です