回覧板

オモシロいことに、今の引っ越し先には、回覧板が回ってくる。

回覧板など、今時あることすら忘れていた。
幼い時、
「回覧板、回してきて」
と母に言われて隣の家に持っていった記憶はあるのだけれど。

◆◆◆

そういえば先日、町内会長の投票があった。

ボクは引っ越したばかりで、町のことを何も知らない。
ましてや投票するべき町人もまるで知らない。
どうしたらいいか、と当時の町内会長に相談したくらいだ。
そしたら、
「一番投票数が多かった人に、一任するという形はどうか」
と言われて、その通りにした。

わざわざご丁寧にありがとうございます、言われた。

◆◆◆

回覧板に話を戻す。

本日、郵便受けに回覧板が入っていた。
内容は、新しい町内会長が決まったというお知らせだった。

そこには誰に何票入っていたか書かれていた。
新たに町内会長さんは、誰かに決まっていた。
おめでとう☆
名前は覚えていない。

ただ、誰かがボクに一票入れている。
何で?

はっきり言って、誰のことも知らない。
なのにどうして一票入ったりするんだろう。

やっぱり世界は、わからないことだらけだ☆

◆◆◆

まだこの町に溶け込んではいないけれど、
ゴミはちゃんとしているし、うるさくもしていない。
挨拶だって、悪くはないはずだ。

マンションやアパートじゃないだけで、
「お付き合い」
が増えるんんだな、と思った。

人間は、一人では生きてゆけないのだから。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です