スグレもの

先日、本がたくさん置いてある喫茶店に行った。

クツを脱いで入る。
ほどよく和風でタタミもある。

感じのよい本から、動物に関する本、自然に関する本、小説。
それから、古いマンガ、古い雑誌、ジブリに関する本もあった。(ジブリ!)

そこでとりわけ気になったのが、絵本である。

最新ではなく、昔の絵本だ。
見たことのある表紙たち。
ようするに、幼い頃に読んだ覚えのある絵本だ。

表紙を見たことはあっても、内容は覚えていない。

「あ〜。なんか、知ってる…!」
ってやつだ。

そこで、初めて見る絵本を読んでみた。
おもしろかった。
どうしてコドモは、同じ絵本を何回も読んでほしいのだろう。
同じところで怖がって、同じ場面で笑う。

いや、違った。
何回も読んでほしくなるのが、スグレタ絵本なのかもしれない。
海だって、同じだ。
海は基本的にスグレテいるから、何回でも同じ海にもぐりたくなる。

読んだのは、幼いころだというのに。、30〜40年たっても、その絵本のことを覚えているって、なんかすごくないか。

絵本スゲーな、って思ったのだった。

もちろん、ジブリのものも、さらっと見た。
ちゃんと見るには、時間がなかったからだ。

『もののけ姫』は、室町時代の話だった。
『麒麟が来る』と、ほぼ同じ時代だ。

だから何、ってことはないけれど、
「ほう…」
って思うことは、そんなに悪いことではないのだ☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です