厳しい目を向けるな〜

2回目の緊急事態宣言の後、
「飲食店には1日6万円の協力金が支払われる」
ことについて、いろんな意見がある中、
飲食店だけ⁉︎逆に儲かってる店もあるんちゃう⁉︎
という見方が目立っている。

いや、飲食店は大変なんだ。
今までも、そしてこれからも大変なんだ。

それでも!である。

ダイビングショップにも給付金が欲しいところだ。

自分よりもお金を多くもらっているヒト、あるいは自分よりも楽をしているヒト、に対して、ヒトであるわれわれは、なかなか厳しい目を向けてしまうようだ。

でも、自分が多くもらっていたり楽をしている時は、まわりに厳しい目を向けないようである☆

そいういえば、思い出した。
ずいぶん昔のことである。

寒〜い冬の日、窓を全開にしたまま、外でストーブの灯油を入れるオカン。
オトン「寒いやないか、閉めてくれ」
オカン「自分だけあっかいのはズルい」

なんなん、このやりとり。

でも、たぶんこういうことだ。

自分のほうが苦労していると感じると、厳しい目を向けてしまうのだ☆

ヒトはヒトとて、ヒトなのだ。

でも、飲食店は楽をしているわけではない。知らんけど。

繰り返しになるけれど、今までも大変だったし、これからお客さんが戻るまでも、大変なのだと思う。

でも、ダイビングショップも、なかなか大変なんだぞ☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です