かつての旅、佐渡。

佐渡バターなるものを、ちょうだいした☆

その名の通り、新潟県佐渡島でつくられているバター。
パンと一緒にいただきました。

うむ、美味♪

名前もカッコいいわ。

「佐渡」と聞くと、思い出すことが二つある。

一つは、太宰治の「佐渡」。
二つ目は、2015年のクジラアン「佐渡ツアー」。

小説「佐渡」は間違いなくオモシロい☆
一読あれ。
「佐渡ツアー」は、もちろんブログで書いている。
こちらも、一読と言わず百読あれ。

佐渡バターは、海洋深層水の塩でつくっていると書かれている。

そういえば…
佐渡ツアーで、お米が美味し過ぎておかわりしまくっていたら、宿のお母さんが、
「佐渡は、海水でコメつくっているからね〜」
って、言ってなかったっけ!

当時のブログ読んでも、それは書かれていない。
どうしてそんなに大事なことを書いてないんだ、オレよ!

海水じゃなかったかもしれない。
水には、海水が少し混じっているのだったか?
忘れた!

で、ちょっとググってみたら、海産物を肥料にしていたり、海水を散布しているお米農家さんも確かにあるようだ!
佐渡海洋深層水を使った稲作も研究されているようだ!

もっとちゃんと記録に残しておけば良かった…
せっかく現地の人が教えてくれているのに…

佐渡バター、無縁と有塩があって、どっちも違った旨し、だった☆

これでまた
「かつての旅」
を思い出すことができて、いとをかし。

佐渡、また行ってみたな〜☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です