空気こそ。

「最大の断熱材は、空気である」
と、聞いたことがある。

木材や発泡スチロールや毛布やではなく、空気である、と。

一見、むむ、と思うけれど、ちょっと考えたら、ああ、そうか、と思ったりする。

なんせ、冬のダイビングでは、空気こそ、最大の保温材なのだ。

ドライスーツには、インナーがある。

現在は、非常にあたたかいものばかりだ。

でも結局、空気がものを言うのである。

どれだけあたたかいインナーを着ていても、海水が氷のように冷たいと、やっぱりかなり寒い。

ところが、ドライスーツに吸気する。
ようするにドライスーツの中に空気を入れる。

すると空気があることによって、体と海水には距離ができる。これだけで全然違う。
その空気が体温であたたまる。さらにあたたかく感じる。

空気があればこその、保温なのである。

ダウンジャケットだって、空気を含ませるためのダウンなのだから。

だから、寒いのイヤだ!
と言って冬にダイビングしていない、でも本当はもぐりたいんだ、というダイバーさんは、ドライスーツに吸気する、ということを意識してみたらどうでしょう。

快適にもぐる、というのがダイビングで一番大切なことだと思います。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です