最高の状態にしておく

夏のフトン。
冷房全開の部屋で、キンキンに冷えたフトンに入った時の、あれ。
冷たいって思う幸せ。

冬のフトン。
1時間以上前から温めておいた電気毛布。
ホワホワのフトンに入った時の、あれ。
あったけぇって思う幸せ。

ボクはフトンを聖域だと思っている。

だから清潔なカッコでしかフトンに上がりたくないし、中に入りたくない。

たまに映画やドラマなんかで、帰宅後そのままベッドに倒れ込むヤツらがいる!
え!なんなん!って思う。
どんなに体が疲れていても、どんなに精神的に落ち込んでいても、それだけはやっちゃいけないことなのだ。

数少ないボクの中の禁止事項の一つだ。

寒すぎて、電気毛布を使った。
暖かかった。

こんなに幸せなことがあるのか、と感じた。

寝る前に幸せを感じるのは、いいことだと思った。

睡眠前に怖い映画やサスペンスなどは見ない方がいい、と聞いたことがある。
そりゃそうだろう。
頭の中が恐怖心でゾワゾワするより、お花畑のほうがいいに決まっている。

数時間後のために、フトンを最高の状態にしておく。

とにかく寝ることは、幸せなのだ。

平和な国だからこそ、快適なフトンと睡眠がある。
戦場では、そのほとんどがない。
恐怖心、寒い、暑い、不衛生。

人生の3分の1はフトンの中。

少しでも快適に…。

なんかここまで書くと、フトンの訪問販売みたいだ。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です