ウロコと人間。

自転車で人とすれ違う時、どうしてあんなに高確率でぶつかりそうになるんだろう。

自転車どうしでもそうだ。

なぜなんだ、と考えてみた結果、人間には鱗(ウロコ)がないからだ、とわかったのだった。

魚のウロコの役割はみなさんご存知の通り、よろいの役割になって、自身の身を守っている。

しかし他にも役割があり、魚はウロコで振動や水圧を感知している。

したがって、海の中で、魚どうしがぶつかることは絶対にない。

あんなに群で泳いでいても、大型回遊魚に追いかけられても、魚が海で正面衝突、ぶつかることはないのである☆

人間の社会には道路があったり、数多くのルールがある。

なんらな側道があったり、ガードレールだってある。

それにもかかわらず、めちゃめちゃぶつかりそうになる。
そういえばさっきもなったわ。

こんなルールも、ウロコには、かなわない。

魚が岩にぶつかるか?
人はよ〜く何かにぶつかっている。

ウロコがないナマズなどは、かわりに粘膜がある。
その粘液で、自らを守っている。

とにかく。
人間以外の生物は、自分を守ろうと必死である。
徹底している、と言ってもよい。

よく考えれば、あたりまえのことなんだけれど。

ウロコがほしい。

さ、乾燥するから、保湿クリームの出番です☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です