海で万年筆

ちかごろ万年筆なるものを使っている。
というのは、以前にもふれた。

それについて再度書く、ということは、気に入っている証拠である☆

今はちょとしたものを書くときにだけ万年筆で、基本的にはボールペン。

早くメモを残したりっていうのは、だんぜんボールペンの方が使いやすい。

考えながらゆっくり書く時に使うのが、万年筆だ☆

ボールペンと違ってインクが乾くのが遅い。

だから乾くまでノートを閉じたり次のページに移ることができないが、時間がある時は、それを待つのも悪くない時間なのだ☆

早く書くことができないので、自然とゆっくり丁寧に書くことになる。

ゆっくり丁寧に書く行為が、ボクはわりと好きなのかもしれない☆

百貨店に置いてある万年筆は、庶民的なものから高級なものまで、品揃えが豊富である。

今使っているのはもちろん庶民的なやつだ。

財布と違って、誰もが使っている訳ではない万年筆。
それでも百貨店や高級な筆記用具店には、かならずガラスケースの中にある。

いつかボクも、そういう高級な万年筆が欲しくなるんだろうか。

今でも欲しいけど。

使い始めて3~4ヶ月はたっているけれど、まだまだ持ち方や書き方ですら、これで合っているのかどうかも定かではない。
まずは正しい使い方と、書き慣れることから。

海でログブックの記入で万年筆は使わない。

亀は万年生きるとしても。

そんなゆっくり書いててどうする⁉︎
って思うし思われる。

でも、そんな日が来てもオモシロイな、とも感じる☆

ゆっくり丁寧に感がながら書くログブック。
インクがにじむので、乾くまで待つ。
インストラクターサインをした、お客さまのログブックも、閉じてはダメだ。
しばらく待ってもらわないと。

ゆっくりダイビングのあとを楽しむのもいいのかもしれないね☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です