なぶらふりかけはどうだ

みなべ「インディゴブルー」の大人気ランチのしらす丼、牛カルビ丼はみんな大好き☆
チョーうまい。

この日は、しらす丼♪

そして数年通っているのに、気にもしていなかったのが、

『なぶら』ふりかけだ。

見かけた記憶もなかった。

しらすとえび、わかめがインされている、と表記されている。

ちなみに「なぶら」とは、漁師言葉で水面に上がってくる小魚の群れのことらしい。このことも表記されている。

はじめてインディゴブルーに来た今回のお客さまは、このなぶらふりかけを見て、これ、買うっきゃないでしょう、と言って、ふたつ、購入していた。

すごい好奇心だ。

ボクは注意深くなくて、観察力にも乏しい人間なので、なぶらふりかけには気づいていなかった。

すぐさまボクも、ひとつ買った。

帰ってから、家で食べてみた。

「あったかいご飯に、たっぷりとふりかけてお召し上がりください」
と、表記されている。

したがって、ボクはその通りに実践した。

不自然な塩からさがない。

自然なおいしさだ…

そういえば、海でこのなぶらふりかけを試食していたお客さまは、こうも言っていた。

「これは、まさに、海の旨味そのものではないか」

「タンパク質のかたまりだ…」

まったく、そのとおりである。

職人気質なものにとても感動するタチなのだ☆

このお客さま自身が一番医療系の職人気質なのに。

食べるときにこぼれ落ちるくらいふりかけるのがオススメだ☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です