In my life

「Life」
と言うと楽しそうだが、
「人生』
と言うと、急に重みを感じるのはなぜだろう。

と、何かで読んだか見たかをしたことがある。
ひょっとしたら、ブログにも書いたことがあるのかもしれない。
ま、いいじゃないか☆

ダイビングLifeだと、週末の楽しいダイビングを想像する。

ダイビング人生だと、ダイビングに一生を捧げた人のことを想像する。

この軽さと重さは一体何なのか。

どちらもいいことだし、悪くないのだが、「ダイビング人生」には、ちょっとした切なさの要素が入ってくる。
と、ボクは思う。

「いいじゃないか、ダイビング人生で。仕事として、一生を捧げるダイビングにおいて、ダイビング人生以外、いったい何があるというんだ。そんな羽根のような軽さでダイビングを語ってはいけない」
と、ダイビング人生派の人に、怒られそうだ。

酸いも甘いも海が教えてくれた。
厳しさも楽しさも海が教えてくれた。
確かに、プロフェッショナル〜仕事の流儀〜なら、ダイビング人生がこのようにフォーカスされるのだ。
美しい。カッコいい。

でも、ボクは完全なるダイビングLife派である。

疲れるほど頑張らない、というのは、ボクも、お客さまにたいしても、そうありたいな、と思っていることである。

そう、羽根のように、軽いのである。

『In my life』
が、
『私の人生』
だったら、
いかにビートルズでも、ヒットしてないと思うんだよな〜。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です