近場には、かなりいた。

この日はスーツメーカーの営業さんがおいでくださいました☆

新商品のご紹介や、売れ行きはどうかとか、何か困っていることはないかとか、いろんなお話をしていただけます。

メーカーの営業さんといえば、街のショップだけではなく、現地のサービスにも顔が広く、全国を走り回っているイメージです。

2020年の夏が終わり、全国、日本のダイビングのショップさんは、どんな感じか聞いてみました♪

2020年はコロナの騒ぎで、スーツの売れ行きはあんまり・・・と思いきや、春が終わり、ダイバーが海に行き出した頃から集中して受注があって、けっきょく前年と大差はそんなにないそうです。

現地のサービスも、お客さまの受け入れを断るくらい満員御礼。
これは、海外や沖縄などのリゾートにいけないので、近場の海を楽しもうとするダイバーが、かなりいた、ということですね。

海外はまだ時間がかかるでしょうが、国内のリゾートの沖縄や奄美大島などはGOTOトラベルもあって、旅行者やダイバーも行きやすくなった☆

そして11月を過ぎれば、沖縄でもドライスーツが快適ですぞ、ということで、スーツメーカーの営業さんには、ドライスーツの説明をたくさん聞きました。

ドライスーツに興味があって、自分のヤツを持ってもいい、とお考えのダイバーさんは、ぜひお話しましょう♪

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です