それは、滑稽だ。

そこに魚がいないのに、釣り糸をたらして釣りをしているのは滑稽だ。

まわりに人がいないのに、マスクをしているのも滑稽だ。

雨が降るとわかっていて、山に登るのは滑稽なのだろうか。

にごっているとわかっていて、海にもぐりにいくのは滑稽なのだろうか。

ミルクティのような海。
ボクはにごっている海と知りながら、もぐりにいったこと、何回もあるのだ。

じつに滑稽である。

もちろんキレイな方がいいのだけれど、そんなにイヤな気分にはなっていない。

「いやぁ、にごってるねぇ〜」
なんて言いながら、話のネタになっている。

でも、ちょっと待てよ、と思う。

雨降りの山にいくのは、素敵なことなんじゃないだろうか。
まわりの木々から聞こえてくる雨音。水滴。

そういえば、雨降りの屋久島の森は素敵だったじゃないか。

晴れてるばかりじゃ、山の一面しか見れていないのかもしれない。

にごっている海でも同じことが言えるのでは☆

そう。
にごっている海でも、イヤな気になったことはない。

だって一年のうち、半分はにごってるでしょ。
南方の海じゃないかぎりは。

もぐっていること自体が、好きなのかもしれない。

にごっている海は、薄暗くてどんよりしている。

だから、もぐりにいく前日前々日お客さまには、にごっていることを事前に伝えることが多い。

にごっていて、楽しめるかどうかわからないからだ。

それでも、
「いかない」
と言われたこと、ないんじゃないかな?

みんな、もぐりにいくこと自体、好きなのかな?

そう言えば、寒いとわかっていて、もぐりにいくのも、滑稽なのかもしれない☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です