記憶にのこす

せいぜい40分間の癒しでも、あるほうがいいね。

たかが街から3時間の距離でも、その癒しはあったほうがいいね。

われわれのように街に住んでいたら、すぐに海にいけないし、ダイビングもできない。

海にもぐりたい、と思ったら、日にちを決めて、準備して、数日後、あるいは数ヶ月後にやっと癒される、ということになる。

その癒しが数分後には手に入るものじゃなくても、手を伸ばせばすぐに届くようなものじゃなくても、記憶にある、というのはとても大切なことだとボクは思っている☆

記憶にある、というのはそこからとても元気をもらえるし、嬉しい気持ちにもなる☆

だからボクは海に行ったり、ダイビングをしたり、旅をしたりっていうのを、記憶にして、そして楽しむ。たそがれる。

ずっとそうしている。

だからなんか、そういう記憶に残るダイビングのお手伝いができればいいな、と。

思い出は美化される、という。
ということは、記憶の中の海の透明度もキレイになってゆく。

好都合ではないか♪

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です