写真は撮っておこう

写真って、オモシロイなぁと思った。

撮りためた写真を人々はどのように保管して管理しているんだろう。
だって、めっちゃあるやん。

ハードディスク、クラウドサービス、いろいろあると思いますが、普段使いの写真ならクラウドサービスがめっちゃ便利。
仕事などで大量の写真を画質を落とさずに保管するのならハードディスクで保管しているはず。

さあ、どっち。

ボクは両方使っている。

大した写真はないけれど、やっぱりそれなりに量はあるし、昔の写真を使いたくなったりもするので、画質も落としたくない。

ただ「画質」って言っても、写真展を開いたりするのなら気にしたらいいけど、そうでないなら…ってまた指摘を受けそうだ☆

とにかくクラウドサービスもハードディスク両方使っている。

で、話は戻って、写真はオモシロイなぁ、と思った。

クラウドサービスで保管していると、一年前や二年前の画像が、「思い出」として出てきて、なんとなく見てしまう。

なんて懐かしいんだ、とか、去年も9月に同じことしている、とか、このお客さまはこんなにも前からダイビングを始めていたのか、とか、本当は
「知っているはずの忘れていること」
に気づくことが多いのだ。

これがもっと古くなっていったらもっとオモシロイだろうな、と思っている☆

十年前、二十年前とか、もうすごいことになっているはずだ。
なんとなく出来事は覚えていても、細かい思い出は、もう忘れているはずだから。

あと見過ごせないのは、その当時の表情である☆
ボクもそうだし、お客さまもそうなのだが、
おぉ、楽しそうだ、とか、疲れてんな〜とか、若かったな〜とか、感想は様々。
でもその時の表情を見て、なんかじ〜んとくるものがある。

うん、だから写真はいっぱい撮っといて、ちゃんと安全に保管できるようにしておこう、と再確認している☆

また、じ〜んと、心にしみたいのだった♪

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です