背後はとらせない

そうそう☆

タツノオトシゴを背後から見たことある?

ボクは数回ある。

そんなにあることではない。

タツノオトシゴだって必死である。

自然界で生き抜くためには、背後をとらせるわけにはいかない。
知らんけど。

われわれだって後ろから眺められるのは、あんまりいい気がしないものだ。

そしてこれが、タツノオトシゴのうしろすがただ☆

いまいちルールがよくわかっていないレスリングも、バック(背後)をとる、とらせない、という格闘技だったと思う。

余談だが、いまいちルールが理解できていない競技に、フィギアスケート、カーリング、がある。
フィギアスケートなど、昔からずっと見ているのに、いまだにわかっていない。
とにかく
「こけるな!」
と思いながら応援している。

話がそれた。
タツノオトシゴの背後のことに戻る。

背後をとられるのは、負けを認める、あるいは相手に身を委ねると言うことだから、この時、タツノオトシゴは、ボクに負けを認め、ボクに身を委ねている、ということになる。
ようするに、ボクに食べられる覚悟ができている、ということだ。
知らんけど。

だってエスカレーターでも、エレベーターでも、自動販売機の前でも、背後をとられるのはイヤだ。

イヤなもんはイヤだ。

それは、タツノオトシゴだって、一緒だった。

後ろから見られるのがイヤなのは、生物全般に言えることなんだ☆
知らんけど。

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です