口数の多さと冒険心

気付いたのだが、TV、書籍などで知っている冒険家で、おしゃべりな人はいない。

事実や感想を、静かな声で淡々と語る。

甲高い声で、ベラベラしゃべる冒険家を見たことがないのだ☆

おそらく、冒険中に何かのトラブルがあったとしても、落ち着いていれるのだろう。

冒険家でもないけど、ボクの知っている自然好きな人は、ほとんどがおしゃべりだ。

悪気はないのだが、甲高い声でよくしゃべっている。

もちろんボクもその一人だ。

事実や感想を、感情を込めて、デカイ声で、時には話を膨らませる。
それは「語る」というよりはむしろ、「演説」に近いのかもしれない。

だから、とても上品には見えない。

「語る」と「演説」の違いはなんなのか。

それは自信のなさなのでは、と今は思っている。

「語る」とき、相手はこちらを向いている。
「演説」では、、相手はこちらを向いていない。

相手はこちらを向いていないので、当然力が入る。
こちらに向いてもらってから、話を聞く状態にする。
それからやっと説明だ。
さらには納得してもらうために、話は大きくなっていく。

われわれが日々やっているのは、演説なのであった。

静かな声で、語りたい。

事実や感想を、淡々と語りたい。

自分の考えや主張など、どうでもいい。

感想とは、
この海はとても青かった。
あの海は透き通っていた。
等々、決めつけや押しつけなどの考えではなく、どう思ったかというただの感想だ。

さあ、今日も甲高くデカイ声で、演説といきますか☆

【Line@】クジラアンLINE

【Facebook】クジラアンFacebook

【instagram】クジラアンInstagram

【Twitter】クジラアンTwitter

【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です