じりじりと、ジブリ紀。

そもそもジブリ好きである。

ジブリ好きじゃない日本人には、まだお会いしたことがない。観たことがない、興味がないという人はいるのかもしれないが、これらの人にもまだ会ったことない。
ジブリが嫌いな人、いるんだろうか。

.

定期的に、ジブリ紀がやってくる。

急にジブリ作品が観たくなって、持っているDVDを端から観ていく時がある、ボクはこれを「ジブリ紀」と呼んでいる。
ジュラ紀、カンブリア紀、ジブリ紀、なんだか地質時代みたいだ。

じりじりと、ジブリ紀はやってくる。

今、『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『風の谷のナウシカ』を短いスパンで観ている。

次は『紅の豚』にスライドしようか、と思っている☆

その時に観る作品の順番は、様々だ。

感じることも様々だ。

なんなら大人になった今の方が、感動していることもある。

登場人物たちと自分を重ねて観てしまう。
特に子供のころの自分と重ねてしまう。

そして、重要なのがこの感情だと思っていて、その幼い時の自分が、なつかしくちょっと愛おしくなって、とても大切でいい思い出になっている。
自分ことを、良く思えている♪

これは、ユーミンの歌を聴いていてもおこる現象だ。
男が聞いていてもそういう気持ちになるんだから、これはスゴイことだ。

.

今、ジブリ紀になっている。

自分のことを良く思えるって、とてもいいことだ☆

そして。

ふふふ、今回は、ラピュタはまだまだオアズケなのだ☆

.

.

.

【Line@】クジラアンLINE
【Facebook】クジラアンFacebook
【instagram】クジラアンInstagram
【Twitter】クジラアンTwitter
【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です