湖の底で

【夢の話】

とあるきっかけで、琵琶湖でダイビングをすることになった。
琵琶湖でダイビングをするのは初めてのことだった。キレイじゃないだろうという想像しかしていなかったので、今まで、もぐろうと思わなかっただけだ。
なにはともあれ、琵琶湖でダイビングをすることになった。

.

先日見た夢の話である。

.

そこは、まるで神秘的な宮殿のようだった。
湖の底には、街があった。
現代風の民家があり、道路もあった。
ただ、そこは琵琶湖の底だった。
透視度透明度は悪くなかった。悪くないどころか、キレイだった。太陽の光は湖の底の街を十分に照らしていた。
もちろん、とても感動していた。

.

もう一度言う。
夢の話である。

.

一番驚いたのは、生物である。
ここは海ではなく、淡水である。
あゆ?コイ?フナ?ブラックバス?ブルーギル?
でも、それらの生物は一度も見ることはなかった。
ボクが見たのは、クエのような、1メートル級の大物ばかりである。
見たこともないような大きな魚が、民家の庭先から、ぬっとでてきた。悠然と泳いでいた。
それから1メートル級の生物は何度か見た。どれもがTVで見たような、古代の魚のようだった。古代の大きな魚の知識など、ちっとも持っていないが、夢の中のボクは、これは古代魚だと、確信を持っていた。

.

というところで終わった。

.

なんでもない夢の話だけれど、目覚めてから、ぼんやりしていた。
不思議なぼんやりとした感覚がしばらく続いた。
ひょっとしたら琵琶湖の底には街があって、古代の魚がいるのかもしれない。

.

いやいや、あるわけないやん、いるわけないやん。

.

.

.

 【Line@】クジラアンLINE
【Facebook】クジラアンFacebook
【instagram】クジラアンInstagram
【Twitter】クジラアンTwitter
【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です