自粛のあとで

行動が制限されているので、海にダイバーはほとんどいないはずです。

特に4月18日からは、現地のダイビングサービスも自粛しているので、さらにさらにダイバーを見かけないはずです。

街から人の姿がなくなり、経済活動がおさえられていることで、二酸化炭素の排出量が、めちゃ減っている、という話を聞きました。

自粛期間は、地球にやさしいのかもしれまテン。

全員が、めいっぱい金儲けをせずに、めいっぱい贅沢せずに、めいっぱい遊ばなければ、地球の汚染は、ゆるめることができる、ということなんでしょうか☆

ダイビングも同じなんですけど、ダイビングをする、ということは、少しづつ海の環境を悪くもしています。

ガソリンを燃やしながらボートで移動。アンカリング(イカリをおろす)する。日焼け止めや整髪料を垂れ流す。プラスチックごみが海に落ちる。サンゴを折っちゃう等々。

海にダイバーがほとんどいない今、ちょっと海にやさしいんだろうな、と思います☆

せっかくなので、自粛をいいようにとらえようかな、と思います☆

お客さまの休日のことや、自然のことなどを考えるいい機会でもあるのかもしれません。

騒ぎがおさまったら、海に行きたい人、ぜったい増えるでしょう☆

みんな行きたい☆
ボクも行きたい☆

「ダイバーが海にずいぶん負担をかけている」
ということも、分かったうえで、ダイビングを楽しめたら、と思います☆

.

.

.

【Line@】クジラアンLINE
【Facebook】クジラアンFacebook
【instagram】クジラアンInstagram
【Twitter】クジラアンTwitter
【YouTube】クジラアンYouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です