おっさんおばはん

テレビのニュースで見たのだけれど、
覚せい剤で捕まって、再犯してしまう率、つまり違法薬物をやめられない率は、年齢が増えるほど、上がる、らしい。

若いひとほどやめられる。
おっさんおばはんのほうが、やめられない。

おっさんおばはんほどやめるのが難しいのは、なぜなんだろう。

悪い善いの分別は、おっさんおばはんほど、できるだろう。
若者のほうが、何も判断できずに悪いことをやってしまうことが多いだろう。

それでも、違法薬物については、おっさんおばはんなのである。

.

まわりに協力者が少ないのも原因のひとつだと、そのテレビニュースは言っていた。

確かにそうなのかもしれない。
そうかもしれないけれど、こうも思った。

おっさんおばはんは、悲しすぎるのかな。
悲しいことを経験しすぎているからなのかな、と想像してみる。

魅力的なものや楽しそうなことが見つけやすい若者は、これから先の明るいような未来をイメージしやすい。
それに対しておっさんおばはんは、悲しみが深すぎて、明るい将来のイメージなど、まるでない。
悲しすぎて、再犯してしまう。

知らんけど。

楽しすぎて、薬物をやめられない、とは考えにくいから、ボクの場合は。
想像でしかないけど、薬物をしたら、その瞬間は楽しいかもだけれど、その後、なんだか悲しくなるような気がする。
そのあとの悲しみすら知っているから、さらに悲しみをあおる薬物をしてしまう。

知らんけど。

ま、とにかくそうやって、薬物でビジネスをしている人らがいる、のは再認識しておこう。

世界には、薬物すら変えない貧乏人もいるのだぜ。

知らんけど。

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
 【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です