よたばなし~流れのせい

カエルアンコウが、じっとしている。

いつものことなのだが、じっとしている。

いや、いつもよりも、さらにじっとしているのがわかる。

海はとても荒れていて、水面ではアパートほどの高い波がたっている。

そして水中の流れはハンパなく、そこいらのサカナも流されてばかりで、まったく泳げていない。

まわりがそんな感じだから、いつもよりもじっとしているように見えるのだ。

なぜそんなにじっとしているのか、と聞いてみると、
カエルアンコウは、それには答えず少しこちらを見ただけだ。

こちらをちらりと見た時に、流れが強いので、顔の表面がプルプルしていたのが印象的。ちょっとオモシロイ。

ああ、そうか、わかった。

カエルアンコウは、じっとしているんじゃなくて、じっとせざるを得ないんだ、ちょっとでも気を抜くと、流されてしまうからだ。

「それならそうと、言ってくれよ!ムシされたかと思ったじゃないか。」
と、私は少し乱暴に言ってしまった。

するとちょっと気になったのか、カエルアンコウが何かを言おうとした。
そしてカラダをこちらに向けた時に、水の流れる方向にすごいスピードで流されてしまった。
一瞬にして、見えなくなってしまった。

カエルアンコウが流されてしまったのは、私のせいではない。
ついでに、あの時、カエルアンコウが何を言おうとしたのか、今、とっても気になるのである。

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
 【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です