よたばなし~舌打ち

水深3メートルまで降りていくと、もうすでにムラサキハナギンチャクが待っていた。とても礼儀正しく、ちょこんと座って待っていた。
透明度が悪いとはいえ、まだ午前10時くらいなので、海の中は明るい。

ムラサキハナギンチャク
「お待ちしておりました。どうでしょう、今から小アジの泳ぐ群れをご覧いただこうと思います。」

ダイバー
「へえ、そうなんや。」

ムラサキハナギンチャク
「そのかわり、その水中ライトを置いていってもらえないでしょうか。日が暮れると、暗くてしょうがないんですよ」

ダイバー
「水中ライト?そんなアホな。イヤやね」

ムラサキハナギンチャク
「…」

そう言って、ダイバーはムラサキハナギンチャクを通り過ぎていった。

「ちぇっ」
とムラサキハナギンチャクは思った。
通り過ぎられるのにも、もうあきた、と思った。

.

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
 【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です