ダイビングショップの選び方②

ダイビングショップの選び方は、もういろんなダイビング雑誌にもコーナーとして目につくし、ネット上でも調べることができます。

そこには、いろんな選び方が紹介されています。

が、

ボクはまずは、ふたつにしぼろうと思いました。

それは、街の店か、あるいは海辺の店か、です。

ダイビングショップには、ふたつあって、「街」と、「海辺」があります。

「街」にある店は、その街の周辺のダイバーさんや、これから始めたい、と考えている人に、ダイビングのツアーをしたり、ダイビングのスクールを開催したりします☆

良いところ
家から近い!海までの送迎!仲良くなれる!

.

「海辺」にある店は、ダイビングサービスといわれています。ダイビングをする施設です。その施設にも、数名のインストラクターさんが在中しています。
「街」の店のツアーや講習も、この「海辺」の店(施設)を利用します☆

良いところ
自由である(自分で行き帰り)!ホームの海ができる(何回も通える)!

どっちもいいです☆

どっちもいいですが、かなりダイビングテンションが高い人、ようするに、ダイビングがしたくてしたくて、どうしようもない人は、「海辺」がいいかな?

いろいろ相談しながら、これからのダイビングをしていきたい人は、「街」がいいかな?

いいかな?という、無責任な言い方になってしまうのは、本当にそう思っているからです。

ショップ選びとは、とても重要でありながら、それと同時に、そんなに重要ではないと思っています☆

本当に。

なぜなら、自分に合ったお店だったからこそ、その後は良いダイビングライフになるし、あんまり合わないお店だったからこそ、知識がついてから、もう一回お店を調べなおすこともできるからです。

通うお店を変えることなんて、今の時代、いくらでもできます。(びっくりすることに、昔はお店を変えるなんて、言語道断、的な、業界でした)

カメラがしたい、沖縄ツアー、海外ツアーにいきたい、レベルアップしたい、生態に強くなりたい、冒険したい、などなど、興味のある分野に強いお店を選べばよいのです。

知識がついてから(ダイビングをはじめて、しばらくたってから)なら、お店を調べることは、簡単だと思います☆

もう、そうなったら、「街」でも「海辺」でも、どっちでもいいかな~ってなりますよね~☆

.

.

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です