寒い~って言いながら

.

きのう京都で雪が降りました☆

雪、好きなんですよね~♪


ダイビングで冬と言えば、ドライスーツです☆

「ドライスーツでもぐるなんて、フンっ!」

って思っている夏担当のダイバーさんも、 一度ドライスーツでダイビングをしてみることをおススメします☆
夏のダイビングを楽しめているダイバーさんなら、冬の海もとても感動するはずです♪

今回は、ドライスーツのご紹介♪
ドライスーツの素材は大きく分けてふたつあります☆

とてもとても簡単にご紹介します。
ネオプレーンのタイプととシェルのタイプです。

海でよく見かける、ネオプレーンのドライスーツ 。
MOBBY’S DIVING


最近、海で見かけるようになった、シェルのドライスーツ 。
MOBBY’S DIVING

ネオプレーンという素材は、ウエットスーツなどにも使われているネオプレーンゴムのことです。特徴は、素材自体に保温力があります。つまりインナーはある程度薄くてOKです。日本では、こちらのネオプレーンタイプのドライスーツをちゃんと自分用に採寸して、オーダーメイドするダイバーさんが多いです☆

秋ならTシャツでもOKなネオプレーン。

たいしてシェルという素材は、カッパやレインウエアに使われていそうなシャカシャカした生地です。カッパみたいだからといって、あなどることなかれ!軍用の生地なので、めちゃんこ強いのだ☆特徴は、素材自体に保温力はありません。つまり厚手のインナーが必要です。海外のダイバーが使用していることが多いですが、最近は日本でもよく見かけるようになりました☆ゆったりしたつくりなので、オーダーメイドではなく、規制のサイズのものを着用します。

冬のシェルのインナーはモコモコが基本系。
MOBBY’S DIVING

このふたつのタイプのドライスーツは、どちらが良いとかは、ありません。そのダイバーさんの好みがあります。


好みはあるけれど、いっそのこと、ひとつのドライスーツに慣れるのが、いいと思います。つまり今持っているドライスーツ、あるいはこれから持とうと考えているドライスーツのことです☆
それがスキルアップする一番のコツだとボクは思います。

まだまだ特徴はあるのですが、ここらへんで☆

これから寒い日がつづきます!
こんな日に、海にもぐるなんて!

でも、寒い中、
「寒い~」
と言いながらもぐるのも、ボクはなかなか好きです☆

.

.

【お知らせ】
1月いっぱいは、書き初め月間☆2月まで、カベに貼らせていただきます♪

2/17(日)13時~ ラグビー講座☆軽く飲みながら、軽く食べながら。ラグビー観戦の楽しみ方を教わりましょう♪

【ツアー日程】くじらあんツアー日程
【Line@】くじらあんLINE
【Facebook】くじらあんFacebook
【instagram】くじらあんInstagram
【Twitter】くじらあんTwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です