いい自然の真ん中で。屋久島その⑦

屋久島の森については、もはや何も言うまい。

世界遺産屋久島について知りたい方は、何か本を読んだり、ググったりしてください。

ボクが説明したりするよりも、もっと詳しくわかりやすく教えてくれるはずです。

ってか、本当は、何も知らない。

あぁ、もう行きたくなってるわ☆

世界遺産屋久島の、超自然。

スーパーナチュラル。

世界遺産と言えば、2018年は、夏に富士山に登った☆

そして、残酷すぎるほどに、ステキなご来光と出会えました♪

アリガトウ、富士。

そして秋に屋久島。

 

最高かよ。

 

お客さまのおふたりは、時折り立ち止まりながら、屋久島の森を全身で感じているはずです☆

われわれは、ゆっくり歩きました。

シーズンオフの平日、ということもあり、人は少なく、森はとても静かで、すいていました。

少し、森の本来の姿を見ることができたのかもしれません。

ボクが前回この森に来た時は、雨でした。

しとしとと降る雨は風流で、よかった。

 

風流とは

[名・形動]

  1.  上品な趣があること。みやびやかなこと。また、そのさま。風雅。「風流な庭」

  1.  世俗から離れて、詩歌・書画など趣味の道に遊ぶこと。「風流を解する」

  1.  「ふりゅう(風流)2」に同じ。〈日葡

  1.  美しく飾ること。数奇 (すき) をこらすこと。また、そのさま。

    1. 「御前に―の島形を居 (すゑ) られたり」〈太平記・二四〉

  1.  「風流韻事」の略。

    1. 「―のはじめや奥の田植歌」〈奥の細道

  1.  先人ののこしたよい流儀。遺風。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

今回は、快晴。

快晴もまた、風流。

もう何でも風流で終わらせることができる、これが屋久島の超自然☆

 

ところが!

このあと、大事件発生!

つづくっ!

 

12/1(土)忘年会の日!

12/9(日)鯨走(kujira-run)の日!

参加してタテマツリソウロウ!

.
.
【ツアー日程】
10月に屋久島いきませんか♪
⇒いってきました☆
2月にパラオいきませんか♪
.
.
【Line@】
【Facebook】
【instagram】
【Twitter】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です