at熊本②妙見が浦

4月。熊本モニター会。

ダイビングは熊本・天草地方です。

ちょうど黒潮が太平洋側と日本海側に分かれるまさにそのあたりに位置する天草。

初日は熊本ダイバーのほぼ全員がここでもぐっているんじゃないかと言われている、妙見が浦です。

妙見が浦のダイビングガイドは、バウラインスクーバさんにお世話になりました☆

しとしと雨の降る中、ブリーフィングを聞く。

平日なのに、他にもダイバーさんの姿が☆

さすが熊本のホームグラウンンド。

ゴロタのビーチエントリーで、スクールにもつかいやすい海であるにもかかわらず、地形のコースと、生物観察コースとバリエーションが豊富なファンダイブもできるのだ☆

4/17で、水温が17℃。

和歌山と同じくらいかな。

もうちょい暖かいかと思っていてけれど、少しひんやりした海でした。

キビナゴのむれはすごかった~♪

しかもカラフルなソフトコーラル☆

「カラフルな日本海」をイメージしていましたが、どっちかというと、「元気な和歌山」という感じの海でした☆

妙見が浦へ来る途中の海では、ダンゴウオがみれるという。

寒い海でしか会えないはずのダンゴウオですが、湾内の、低い水温の海限定でダンゴウオに会えちゃいます。

ダンゴウオが見れる、南限ですね。

カメラの好きなインストラクターから、極上の写真を拝借☆

ヒョウモンダコもひょっこり。

妙見が浦は、ビーチなので、時間を気にせずに、ゆっくりもぐれます。

のんびりダイブが好きな方は、ぜひ♪

 

九州には、ダイビングサービスがありません。

だから、そういった施設がないのです。

タンクを持って、海へゆく。

とてもシンプルで、ボクはとても好きです☆

自由だがや~♪

施設慣れした我々は、こういう自由でワイルドな環境に憧れてしまう☆

 

どうでしたか!

とにかく熊本入門編の、妙見が浦でした☆

入門編でいきなりオモシロイ!

次は、ここから南へさがって、牛深港へ。

天草、期待できますよ~(^^♪

さあ、これから温泉へいって、ロッジでBBQです☆

at熊本~!

 

【ツアー日程】
【Line@】
【Facebook】
【instagram】
【Twitter】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です