甘酸っぱくも、いい気分

きのうオモシロイお客さんが来てくれていました☆

まだ二回目です。

若い男性のお客さまで、とても良い声をしています。

低くて太くて安心感のある声です。

はじめてお会いした時に、

「とてもいい声ですね、ずっと聞いていたいわ。」

という話をしていたら、実は声優を目指していた時期がありました、という話になりました。

声優かぁ。

アイドルとか、役者さんになりたいっていうのは、子供の時によくあることです。

声優となると、おそらくですけで、まわりからいい声してる、声優になれるんじゃない?等々のほめ言葉をいただかないと、なかなか目指せない気がします。

声って、自分ではよくわからないので。

 

まわりからほめられたり、進められたりすることで、自分の「良いところ」がわかってくる。

それで、自分が活躍できそうな職業や、むいてそうなお仕事がイメージできる。

これって、とてもいい循環なのでは?

自分は何をすべきなのか?という若い問いに、答えを出せないひとは多いと思いますが、まわりのひとから、

「あなたの長所はコレだから、こういうの、合いそう」

と、言われたら、

じゃあそこらへんを目指して、世の中の役に立てるようにがんばろう、と、本人も方向性がわかるんじゃないか、と最近こういうふうに思ったりします☆

 

で、きのうの話に戻ります。

そのいい声のお客さんは、CDと、ICレコーダーをボクにくれました☆

短編小説や偉人の言葉などを、そのお客さんが実際に読んで吹き込んでいるモノです。

今はあきらめた声優だけど、このあいだ声をほめられて、とてもうれしかった、だからぜひもらってください、とのことでした☆

もちろん、いただきます。

 

ということで、何が言いたいのかというと、そのお客さんは、少し甘酸っぱくも、いい気分だったと思うし、ボクも温かくいい気分になりました☆

それだけのことなんですけど(^^♪

 

【ツアー日程】
【Line@】
【Facebook】
【instagram】
【Twitter】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です