くじらシネマズ㉚エ・エンド

歩いて15分のエリアに映画館が3件あります。

これはもう、シューイチコースなんですが、3件のうち1件は、ミニシアターです。

ミニシアターでは、少しマイナーな映画や、少し前の映画から、20年前の映画まで幅広く上映していて、ボクはここの映画館が一番好きです☆

「ハッピーエンド」というフランス映画をみてきました☆

少しだけあらすじを見てから見ました。

どうやら裕福な家族の崩壊してゆく様を描いているよう。

愛と死に向かい合うとかいいながら、最後には、きっとハッピーなエンディングなんでしょう☆

まずは、予告編♪

う~

どこがハッピーなエンディング?

いや、違うか、これは、ハッピーなエンディングなのか。

 

昭和日本の没落華族を描いた、

太宰治の『斜陽』

をボクはどこかで思いえがいていたのか、何か筋の通った主人公の情熱があるのだろう、と最後まで見ました。

出典 アマゾン

ハッピーなのか、アンハッピーなのか。

何かひとことあるとすれば、「さすがフランスの映画だ」と、いうことで落ち着かせていただきます。

 

エンドロールになった時に、

「え?」

っという後ろの席の客の声が聞こえてきました。

激しく同意。

ですよね。

これで終わり?と思ったはず。

「え?」ですよ。

「ハッピーエンド」じゃなくて、「えエンド」ですよ。

 

でも映画って、この「え?」があるのとないのとでは、心の引っかかり具合が違います。

奥行きが違うのかな?よくわからないけれど。

 

 

毎日に、「え?」を☆

 

【ツアー日程】
【Line@】
【Facebook】
【instagram】
【Twitter】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です