ミノッタ

いってきたいってきた~!

今年初の、エンターテインメントショーにいってきた~!

中島みゆき「夜会工場VOL.2」

お客さんは、見渡す限りではボクより年齢が下の人はいなさそうです。

とにかく目の前で行列をなしている、まわりの人生のセンパイたちは、「愛」や「人生」について、今もなお考え続けているような、コアな中島みゆきファン。いわゆる、ツワモノばかりである☆

フェスティバルホールです☆

チケット本人さんじゃないと、跳ね返される予定だったのに、スルー。ほっ♪

ボクの場合は転売なんかじゃなくてキチンとした間柄の、キチンとした受け渡しです☆

席に穴が開くよりも、感動した人間が一人でも増えたほうが、完全にミノリがあるのだ☆

そして、完全にボクは、ミノッタ☆

まず、勘違いしてはイケナイのが、この「夜会」である☆

通常のコンサートではなく、中島みゆきさん演出の、ストーリー性のある舞台なのです。そういう表現で唄を歌う。歌いながら演じる。ミュージカルとは少し違って、唄を、歌うこと以外でも表現しているような感じです。合ってる?ファンのみなさま、まちがっていたらすいません。

「夜会」の存在はもちろん知っていたんだけれど、今回、ぼくは通常のコンサートだと思っていました。

だから以前のブログでは、「新しいアルバム聞かなくちゃ」的発言をしていました。

チケットには完全に、「夜会」とあるのに。

まったく、何を考えていたんだろう。

まあ、そんなことはどうでもよくて、今回の「夜会工場」は、今までの長年にわたる「夜会」で繰り広げられたストーリー性のある舞台の、ちょっとづつを、再演している、ということです。

例えていうなら、ディズニーで、アナ雪のこのシーン、美女と野獣のあのシーン、というように、バラバラのワンシーンを再演しているのです。

まさに夜会の工場ということです☆

だから、今回に限っては、ストーリー性はないのです。

「ちょっとづつをかいつまんで演じているので、つながりはありません、おそらく意味はわかりません、ぼ~っと見ながら楽しんでください」

というようなことを、中島みゆきさんは、おっしゃっていました☆

どういうことかというと、

とてもマニアックな

コンサートだということです。

つまり、すべては「夜会」のためにつくられた唄で、「夜会」のために歌われる唄です。ボクの知ってる歌はひとつもありませんでした。あるはずがありません。

でもそれでよかった☆

マニアックな世界に、とても引き込まれました☆

ファンというのは、コアであればあるほど、良い。

ちゃんと歌声を聞きました☆

 

すご~く、ミノリました☆

その証拠に、帰りに、

ひ鳥貴族

してしまった。

一人鳥貴族のことです。

 

ね、ミノってます☆

 

【ツアー日程】
【Line@】
【Facebook】
【instagram】
【Twitter】
出典 YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です