ANH‘17海①

さあ、略しましたよ!

『(A)あの(N)夏の(H)花火FD』

今回はダイビング編です。

ファンダイブのチームと、スクール講習があったので、順番にもぐっていきました。ファンダイブはとても長~いです。ダイブタイムが。ビーチだから水深が浅いので1時間弱もぐることができます。

さ、スクールもあるし、BBQもあるし、花火だってある。ファンダイブはそろそろ切り上げて段取りよくしなければ時間に追われることになります。でも、ず~っと何か生物を探していらっしゃる姿を見ると、「切り上げますよ!」となりにくいフンイキ。楽しいのだから、しょうがない。

タツノオトシゴをまだ見たことがないお客さまが数人いました。「じゃあ必ず見よう!」ということで、2Dive目は、タツノオトシゴを探すダイビングになり、実際に見たお客さまたちからはうなり声が聞こえました。「おおおおおおぅ!」よっぽどうれしかったのでしょう(^^♪

ところが、翌日、「きのうのタツノオトシゴの写真は?」というLINE上の話になりました。ボクのカメラは修理に出していて、カメラ自体を持っていってない。

カメラ持参のお客さまは、その時だけ(タツの前だけ)なぜか画面が曇っていたという理由の人と、なぜかその時だけ(タツの前だけ)構図がうまく決まらなかったという理由の人が。ということでタツノオトシゴの写真がないことでボクが少しディスられました☆すみません💦

一人一台、カメラの時代☆

 

ツアー日程⇨見てみて☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です