魚だって、鳥だって。いろいろ。

Exif_JPEG_PICTURE

こんなにも多種多様な色をもった生き物は、魚と鳥くらいか?

だいたいの生き物は、地味な色をしていて、

たとえば黒とか灰色やったり、茶色とかetc…

世界の生き物を想像してみよう。

クマ・しろくま・ライオン・トラ・キリン・犬・猫

うさぎ・バッタ・クワガタ・人・サル・ゴリラ

オオカミ・チーター・ワニ、もういい加減にしましょう♪

Exif_JPEG_PICTURE

中には、キリンやシマウマみたいに、

はっとするような奇抜な配色もあるけれど、

キリンはみんなキリンやし、シマウマは団体で見てもシマウマ。

でも、魚と鳥は、同じ魚と鳥なのに、

さまざまな色の魚と鳥がいて、極めつけはコドモとオトナで、

まったく違う色の配色になってしまう魚がいるという!

IMG_1209 IMG_0668

なぜにこんなにも美しい色をしているんだろう、魚も鳥も。

エグイ色の魚もいるし、地味な鳥がいるなかで、

華やかな色の魚や鳥は絶滅せずに現代の海や空で

こんなにも元気に生き続けているのはスゴイことだ☆

IMG_3004

たぶん、難しい話はいくらでもありそうです。

水深の浅い、日の光がさんさんとしているサンゴ礁では、

こういう色になる、もしくは都合がよい、みたいな。

でも、あきらかに、見られたいから!と思ってしまう♪

目立ったら命の危険があるのにも関わらず、見られたい!

それで良いことにしよう♪

IMG_1572

京都ダイビングライセンス取得⇒ダイビングショップ潜水工房 鯨庵

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です