すばらしきかな、スリン島②

DSCN1217

シリーズ第2弾は、スリン島の内部にせまります!

スリン島は国定公園です。

訪れる人のために、施設がひとつだけあって、

(記憶のかぎりでは、ひとつだったと思います)

そこに、ちょっとした食堂があって、軽い売店もあります。

DSCN1359

もちろん営業時間があるので(これがまた短い!)、

時間外だと、何一つ手に入らないことになります。

これで何度、痛い目にあったか…

DSCN1334

そう。ここは日本ではなくタイである。

しかもマニアックな島、スリン島なのだ!

そして、受付?みたいなところで、テントをかしてくれます。

部屋ではなくって、テントです。

DSCN1320

まあ、好きな場所でOKなので、

浜辺の海が目の前というポイントをおさえました♪

食堂以外には、電気もなく、何もありません。

かろうじて、トイレと水道?はあって、

そこで洗たくしたり、シャワー?を浴びたりします。

DSCN1282

アクティビティらしきものは、スノーケリングくらいなもので、

バナナボートもなければ、ビーチパラソルもありません。

DSCN1309

そこにあるのは、キレイな海と、山々です。

あなたは、「いい!」と思うかもしれない。

たしかに、はじめはボクも最高!と感じたけれど、

キレイな海と山々を眺めるのは、

一日二日が限界ということを知っておいていただきたい。

DSCN1209

島に着いたばかりの時は、そんなことも、つゆ知らず、

欧米人だらけのこの島に興奮していました。

今の日本は、見渡せば、日本人と見極めずらいアジア人で

あふれていますが、まわりが、スマートな欧米人というのも、

ハマってしまう一つの要因かもしれない。

DSCN1327

とにかく、これが、欧米人がバカンスを楽しみ、

現実から逃避できる、浮世離れした島、スリン島である。

DSCN1229

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です