すばらしきかな、スリン島①

DSCN1353

タイのスリン島をご存じでしょうか?

ボクは実際ソコに行くまで、その存在すらしりませんでした。

なかなか訪れるチャンスがないと思うので、

というか、かなりの確率で、一生行かない島だと思うので、

その魅力と、美しさ、そして疲労感について、

ご紹介いたします。実に、非現実的な島です☆

DSCN1223

ただ、一回のブログで書ききれるほど、うすっぺらい島ではないので、

シリーズ化したいと思います(^^♪

なぜなら、スリン島に行く経緯、

お世辞にもバカンス的とは言いにくいスリン島での日々、

スリン島の人々、食事、そこで何を思ったか、等々、

それは中途半端に伝わると、実にアブナイ。

とにかく今日は、どんな島なのか理解していただきます。

data=VLHX1wd2Cgu8wR6jwyh-km8JBWAkEzU4,7QerzIm5dfbpbwVfm38qw_3p9sxN8Ta4n1pznFoWXWKavbFP_rJiteyqVU7Y8XnVIIQsxOv-TP7xirLyD0XgHhTxL6SyEUYz05Q4qUoQDvnspuAFFMC4ItDRqy2_vzej-kN0gk9I6zRo

surin

ごらんのとおり、スリン島のかいわいには、

ダイビングで有名なシミラン諸島や、カオラックなどがあり、

わざわざスリン島にゆく理由もないのです。

じゃあ、なぜ…

DSCN1287

ただ、スリン島は、プーケットや、タオ島などに代表されるような

いわゆる観光的な島ではないので、

とてもゆっくりできて、ぼったくられる心配もありません。

言うまでもなく、とても美しい島で、

海はエメラルドグリーンに輝き、太古のままの自然が

そのまま残っている、そんな島です。

しかし…!

DSCN1351

思い出そうとすると、あの時の風のにおいとか、

日差しの強さ、ずっとまとわりついてきた子ザメがすぐそこに…

⇒つづくっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です